旬の演劇人たちへのキーポイントQ&A「あなたの活力源は何ですか?」 さまざまな答えの中から、創作のヒミツが見えてくること必定!?デス!

えんぶ最新号

小林賢太郎

130421

あなたの活力源は?】

日々のトレーニングです。ジョギングとか、ウエイトトレーニングとか。現役寿命を延ばすことはいつも意識してますよ。これはまあ、『ロールシャッハ』にも出てくれているミスターフィジカル、久ヶ沢徹さんの影響が大きいですかね(笑)。


【プロフィール】
こばやしけんたろう○1973年生まれ、神奈川県出身。96年に大学の同級生、片桐仁とラーメンズを結成。脚本・演出・出演のすべてを手がける。2002年に演劇プロジェクト「K.K.P.」を旗揚げ。05年、巧妙な構成で観客を驚かすソロパフォーマンス「Potsunen」を始動し、12年には初の海外公演を成功させる。09年、NHK-BSにて「小林賢太郎テレビ」がスタート。舞台を中心に、独自の活動を展開している。
http://kentarokobayashi.net/

【次回予定】
LIVE POTSUNEN2013『P+』
5/15~19◎銀河劇場(東京)、5/23~29◎サンケイホールブリーゼ(大阪)、6/1・2グランシップ中ホール・大地(静岡)、6/7~9◎かでるホール(札幌)、6/14~16◎北九州芸術劇場中劇場、6/19・20◎アートピアホール(名古屋)、6/29・30◎いわきアリオス中劇場、7/4~15◎東京グローブ座

撮影協力◆板橋区立熱帯環境植物館

原田優一・山崎育三郎・田村良太

130418

【あなたの活力源は?】

原田(左) 仲間との食事ですね。ほぼ毎日のように、友達と食事してます(笑)。相手は日によって違いますが、基本的に、友達とご飯に行くのが好きなんですよね。食べることも好きだし、好き嫌いもないし。稽古後によく食事に誘ってもらうんですが、先約が多いので、みんなに「何でいつも予定入ってるの?」って言われます(笑)。

山崎(中央) 家族との時間ですね。男だけの4人兄弟で、もう一緒には住んでないので、普段の生活はバラバラなんですが、「なるべく集まろうね」って話してます。兄の奥さんも含めて家族で集まっている時間が、すごく居心地いいんですよ。お互いに近況報告をしたり、仕事の話をしたり、お酒を飲んだり。一番リラックスできます。だから、そういう機会をなるべく作るようにしています。

田村(右) 稽古の音源の中の「音楽監督の声」とかですね(山崎・原田 大爆笑)。すごく刺激を受けるんですよ。歌の手本とかもすごく情熱的なので、それを聞くと「明日ももっと頑張んなきゃ!」と思うんです(笑)。普段でも、元気がなくなってきたなと思ったら、海外のアーティストのDVDを見て「自分もこんなふうにならなきゃ」とか、喝を入れてます(笑)。


【プロフィール】
130418_harada
原田優一
はらだゆういち○82年生まれ、埼玉県出身。92年の『アンの青春』のポール役で初舞台。『レ・ミゼラブル』『ベガーズ・オペラ』『マイ・フェア・レディ』『太平洋序曲』『ラ・カージュ・オ・フォール』『ミス・サイゴン』など数多くのミュージカルから、映像も大河ドラマ『秀吉』の浅野長政役のような和物まで、幅広く活躍している。

130418_yamazaki
山崎育三郎
やまざきいくさぶろう○86年生まれ、東京都出身。東京音楽大学声楽演奏科コース中退。98年の『フラワー』で初舞台。以来、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『ラ・カージュ・オ・フォール』などのミュージカルを中心に、舞台はもちろんテレビドラマや映画でも活躍中。『モーツァルト!』のモーツァルト役で第36回菊田一夫賞を受賞。

130418_tamura
田村良太
たむらりょうた○83年生まれ、東京都出身。アメリカ人とのハーフ。歌手としてイベントやライブハウスで演奏活動を続ける一方、『呪戒~JUKAI~』などの映画に出演、CMや雑誌でも活躍。今回の『レ・ミゼラブル』でオーディションに合格、初舞台、初ミュージカルとなる。

lesmis2013

【公演情報】 
『レ・ミゼラブル』
出演◇キム・ジュンヒョン 福井晶一 吉原光夫 知念里奈 和音美桜 里アンナ 笹本玲奈 昆夏美 平野綾 川口竜也 駒田一 KENTARO 萬谷法英 上原理生 野島直人 青山郁代 磯貝レイナ 若井久美子 山崎育三郎 原田優一 田村良太 森公美子 浦嶋りんこ 谷口ゆうな ほか
5/3~7/10◎帝国劇場(4/23~5/2 プレビュー公演)
8/3~31◎博多座
9/7~23◎フェスティバルホール
10/1~20◎中日劇場
<お問合せ>
東宝テレザーブ 03-3201-7777
http://www.toho.co.jp/stage/(PC)
https://toho-navi.com/m/(携帯)
<公式ホームページ>
http://www.tohostage.com/lesmiserables/

【構成◇宮田華子 文◇塩田史子 撮影◇岩田えり】

☆演劇ぶっくのネットショップ【えんぶショップ】にて『レ・ミゼラブル』公演の日時・枚数限定“お得な”チケット発売中です!
lesmise

牧田哲也(D-BOYS)・舞羽美海・中屋敷法仁(柿喰う客)

アタリ3491

あなたの活力源は? 】

牧田(左) 少し前まで『熱海殺人事件』の稽古をしていて、もうずっと『熱海』以外何も考えられないぐらいひたすら稽古の毎日だったんですが、それでも全然追いつかなくて、家に帰ってからも台本読んだりしていたんです。その1ヶ月間はそれ以外のことが何もなかったのですが、そのときの唯一の活力源がご飯でした。「今日なに食べようか」と考えることだけが、稽古以外の楽しみでした(笑)。栄養偏るな…と思いつつラーメンがばかり食べたくて食べに行ったり、あとは肉かな。みんなで焼き肉食べに行ったりしました。

舞羽(中央) 私は人が好きなんです。だからいろいろな方に会って、いろいろな話を聞くのが一番自分にとって力になります。いま、宝塚を辞めて、外の世界に出たことで新しく感じることもありますし、やはり人から学ぶことがすごく多くて、皆さんのお話を聞くと「自分も頑張ろう」と思うんです。それから、舞台もやはりお客様がいらっしゃってこそのもので、お客様からいただくパワーが活力源になるので、そういったところも含めて、人と接することですね。

中屋敷(右) これまでだったら「演劇を観ること」と答えたと思うのですが、今年に入って全く観ていないんです。なぜかというと子供が生まれまして。『チョンガンネ』の原題が“独身男”ということで、オーディションのときに「独身についてどう思う?」なんて質問をして、みんなに独身に関する思いを語ってもらったりしていたのに、僕はさらに子持ちになってしまって(笑)。すごいなと思ったのが、女性って子供を産むと2、3時間の浅い眠りでも休めるようになるらしいんですね。それと近い現象なのか、僕も最近疲れないんですよ。子供をあやしたり、家事をしたりして遅寝早起きになっても疲れない。きっと動物的な本能なのかなと。子供が生まれてからは、お芝居のことで悩んでいる自分が恥ずかしくなったりもするんです。1人の人間を育てることの方がよっぽど大きなことだと思って。だから子供が活力源というか、子供がきっかけで今までよりも考え方の幅が広がった気がしています。


【プロフィール】
(左)まきたてつや○84年生まれ、愛知県出身。06年に「第3回D-BOYSオーディション」で準グランプリを受賞。07年にD-BOYSに加入する。映画やテレビドラマなど映像作品に出演するほか、最近の舞台出演作には『クールの誕生』、『千に砕け散る空の星』(12年)、『熱海殺人事件 40years’NEW』(13年)などがある。

(中央)まいはねみみ○兵庫県出身。07年、宝塚歌劇団に入団。のちに雪組に配属。新進娘役として注目され、11年『ロミオとジュリエット』では役替りでヒロインのジュリエットを演じた。同年、全国ツアー公演『黒い瞳』『ロック・オン!』より雪組トップ娘役に就任。12年12月『JIN−仁−』『GOLD SPARK!』を最後に宝塚歌劇団を退団。女優として本作でスタートする。

(右)なかやしきのりひと○84年生まれ、青森県出身。青山学院大学在学中に「柿喰う客」を旗揚げし、以降、全ての作品の演出を手がける。人間の存在や現代社会の退廃的な面を皮肉たっぷりに描くことで、観客の冷笑を誘うような舞台を生み出すことを得意としている。

49

【次回出演作】
Dステ13th
『チョンガンネ〜おいしい人生お届けします〜』
脚本◇イ・ジェグク
作詞◇チョン・ヨン
作曲◇キム・ヘソン
演出・訳詞・上演台本◇中屋敷法仁
出演◇和田正人、牧田哲也、橋本汰斗、三津谷亮、近江陽一郎/舞羽美海/黒崎ジュンコ(ズボンドズボン)、新良エツ子

4/25〜5/6◎本多劇場
5/11、12◎森ノ宮ピロティホール

<お問い合わせ>
東京公演 サンライズプロモーション東京 0570−00−3337
大阪公演 キョードーインフォメーション 06−7732−8888

〈公式サイト〉
http://www.watanabepro.co.jp/mypage/artist/dst13_chonganne.html

【構成◇吉田ユキ 文◇岩見那津子 撮影◇岩村美佳】

島田歌穂・新妻聖子

130411

【あなたの活力源は?】

新妻(右) 相変わらず食べることです。最近は少しワインも飲みますね。歌穂さんは、趣味はなんですか?
島田(左) こういうこと以外、趣味がないの(笑)。
新妻 それ、私もちょっとわかります。最大の趣味を仕事にしちゃってる感じがありますよね。
島田 だからお休みのときは、たとえばNYに行ったらとにかく観まくっちゃう。10日間行ったら15本観て、合間にバレエのレッスンに行ったり美術館に行ったり、劇場が終わったらライブハウスに行くとか、日本にいるよりものすごい綿密なスケジュールを組んで。
新妻 それは歌穂さんが自分で組むんですか?
島田 そう。
新妻 私も一緒に行きたい!
島田 厳しいよ、昼に着く便だったら、荷物を置いてそのままマチネを観に行くから(笑)。
新妻 ご飯、食べに行かないんですかー?
島田 私のスケジュールでは食べるのは後回しなの(笑)。
新妻 時差ボケは大丈夫ですか?
島田 やっぱり着いた日の夜は厳しいから、なるべく眠くならない派手なものを観る(笑)。時差がなくなったころに重いものとかメインのものを。
新妻 なるほど!
島田 NYに行くと「がんばらなきゃ~」と刺激になるし、ヨーロッパに行くと、逆にいろいろなことを内省させられたりするから、面白いなと思いますね。
新妻 私はブロードウェイは、なんかもう使命感にかられて行ったというか、体が空いたら演劇人はブロードウェイ行って観て来いという周りの声に押されて(笑)。1人で行ったんですけど、寒いし、寂しいし、なんか…帰りたいなって(笑)。
島田 寂しがり屋なのね(笑)。
新妻 そういえば、私の一番の活力源はアイドルウォッチングかもしれません。アイドル大好きなんですよ。最近はAKB48、めちゃくちゃ詳しいです(笑)。私、子供のころからアイドルになりたかったから。
島田 当時のアイドルって?
新妻 Winkとか。小学生のときは南野陽子さんの下敷きを持ってたし、浅香唯さんはC-Girlとか真似して踊って(笑)。そのあと、おニャン子クラブのうしろ髪ひかれ隊が出てきて、工藤静香さんに憧れて。工藤さんがソロに転向してからはカラオケで彼女の歌を歌ったり。そのあとモーニング娘とか小室ファミリー、安室奈美恵さん、SPEED、知念里奈さん!タイに住んでいたときは必死で情報収集してました。
島田 そうなんだ!海外だとなおさらね。
新妻 憧れがつのるんです。船便で1週間遅れて日本のテレビ番組が届くから、それをむさぼるように観て。オーディション番組のASAYANを観ながら「日本に帰ったら受けたい!」って。
島田 女性アイドルばかりなの?
新妻 男性アイドルには昔からあまり興味がないんですよ。だって自分にはできないから。かわいい女の子がテレビの中で、綺麗な格好をして歌って踊ったりする姿に憧れるというか。自分もやってみたい!という密かな願望があるので、女性アイドルは見ていて楽しいです(笑)。


【プロフィール】
しまだかほ(左)○東京生まれ。’74年、子役デビュー。’82年、ミュージカル「シンデレラ」で初舞台。’87年、「レ・ミゼラブル」で脚光を浴びる。’01年までロングラン公演に参加。主な出演作品は、「ロミオとジュリエット」「ウエストサイド・ストーリー」「江利チエミ物語」「飢餓海峡」「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」「ベガーズ・オぺラ」「ゾロ ザ・ミュージカル」「蝶々さん」「二十四の瞳」「DOWNTOWN FOLLIES」など。女優、歌手として、ミュージカルからストレートプレイ、コンサート、ライブなど幅広く活躍。芸術選奨文部大臣新人賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞など受賞多数。現在、大阪芸術大学教授。

にいづませいこ(右)○愛知県生まれ。11才からの7年ほどタイで過ごした。03年、5000倍のオーディションを突破しミュージカル『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役で初舞台。その後も『ミス・サイゴン』をはじめとするミュージカルや、『サド侯爵夫人』や『国民の映画』などのストレートプレイ、映画、テレビと幅広く活躍中。最近の舞台は『レ・ミゼラブル 』『イリアス』『GOLD〜カミーユとロダン〜』『ミス・サイゴン』など。

130411_tirashi

【次回出演作】
『トゥモロー・モーニング』
脚本・作詞・作曲◇ローレンス・マーク・ワイス
翻訳・訳詞・演出◇荻田浩一
出演◇石井一孝 島田歌穂 田代万里生 新妻聖子
4/18~24◎シアタークリエ
4/26~27◎中日劇場
〈お問い合わせ〉
東宝テレザーブ 03-3201-7777
〈公式HP〉http://www.tohostage.com/tomorrow/

【構成・文◇吉田ユキ 撮影◇岩村美佳】

彩輝なお

130409_ayaki

あなたの活力源は?】

いろいろな出会いです。そういう意味では結局は「愛」ということなのですが。綺麗ごとを言うみたいですけど、そういう沢山の人との出会いと「愛」に、いつも元気を頂いています。1月に出演した『ピアフ』でも、梅沢昌代さんと同じ楽屋なのですが、とても素敵な方で、何気ないなかに“人間の温かさってこういうものなんだ”と感じさせてくださる方です。大竹しのぶさんも同じで、よく私たちの楽屋にいらして、いろいろお話をさせていただくのですが、とても温かくて楽しい方です。大竹さんや梅沢さんと過ごさせて頂いて、女性としても見習いたいと思いますし、俳優としても本当に尊敬しています。そんな方たちと出会える毎日がとても幸せだなと感じます。


【プロフィール】
あやきなお○神奈川県出身。90年宝塚歌劇団に入団、04年に月組のトップスターとして活躍。05年5月『エリザベート』のトー ト役で退団。女優として映像や舞台で活躍中。最近の舞台は『愛と青春の宝塚~恋よりも生命よりも~』、『ガブリエル・シャネル』、『アニー』、明治座『梅 沢富美男・中村玉緒公演』、『エリザベート・スペシャルガラ・コンサート』、『ピアフ』など。


130409_ayaki_annie

【次回出演作】
『丸美屋食品ミュージカル アニー』
演出◇ジョエル・ビショッフ
出演◇吉岡花絵/石川鈴菜、目黒祐樹、彩輝なお、杉本有美、川久保拓司、佐藤仁美 他
4/20〜5/6◎青山劇場
〈お問い合わせ〉キョードー東京 0570-550-799
8/8〜14◎シアター・ドラマシティ
8/18◎とりぎん文化会館 梨花ホール
8/23〜25◎愛知芸術劇場大ホール
公式HP http://www.ntv.co.jp/annie/

【構成・文◇中山圭 撮影◇岩田えり】

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶショップ】にて『アニー』公演の日時・枚数限定“お得な”チケット発売中です!
8b9c9958

記事検索
演劇キック えんぶSHOP
演劇人の活力源
バックナンバー
11月
聖乃あすか
杉原邦生・中村橋之助
朝夏まなと
渡辺えり・キムラ緑子
水夏希・吉田栄作
水谷八重子・波乃久里子・喜多村緑郎・浜中文一
宮崎秋人・木村了
美羽あさひ・大湖せしる
【SKE48】北川愛乃・竹内彩姫
10月
磯貝龍虎・平野良・宮下雄也
宇梶剛士・山崎銀之丞・市川猿弥
壮一帆・愛加あゆ・藤重政孝・田村良太
永田聖一朗
【TRF】SAM・ETSU・CHIHARU
堺小春・矢柴俊博・中嶋朋子
入江甚儀・宮﨑香蓮
宅間孝行・大薮丘・前島亜美
廣瀬智紀
【花組芝居】加納幸和・丸川敬之
9月
山野海・司茂和彦・岩田和浩・浜谷康幸
吉沢悠
豊原功補・吉村界人
古谷大和・芹沢尚哉
良知真次・蘭乃はな
朝夏まなと&寺脇康文・神田沙也加&別所哲也
松金よね子・岡本麗・田岡美也子
矢島舞美・鈴木勝吾
8月
凰稀かなめ・染谷俊之・愛原実花・TETSU
音無美紀子
田村心・小沼将大
姿月あさと・水夏希
平間壮一
植田圭輔
森公美子
7月
【中野坂上デーモンズの憂鬱】松森モヘー
秋元才加・咲妃みゆ
良知真次・愛華みれ
安西慎太郎・多和田秀弥
錦織一清
彩吹真央・駒田一
福井晶一・原田優一・鯨井康介・上口耕平
鈴木京香・北村有起哉
小松準弥・味方良介・田中涼星
6月
【子供鉅人】キキ花香
高世麻央
中川晃教・凰稀かなめ
畑中智行
大倉孝二・ブルー&スカイ・池谷のぶえ
藤原祐規・佐藤祐吾
高木トモユキ・砂田桃子
石丸幹二・石井一孝・昆夏美
大原海輝・神里優希
喜多村緑郎・河合雪之丞・春本由香
5月
伊藤裕一
ミムラ・溝端淳平
深井順子・森下亮
東山義久・水夏希・上田遙
瀬戸かずや
【カムカムミニキーナ】松村武・八嶋智人
吉田鋼太郎・黒木瞳
佐藤永典・荒木宏文・上田堪大
赤澤遼太郎・小南光司
北乃きい
北翔海莉
中村七之助と木ノ下裕一
霧矢大夢・鈴木壮麻
北川大輔・池亀三太
【クロムモリブデン】『たまには海が泳げ!』出演者
4月
寺川長・高松良成・池田美樹・はまもとゆうか・オニムラルミ
浦井健治
藤原祐規・法月康平
玉城裕規・粟根まこと
三浦涼介・上原理生・渡辺大輔
山本芳樹・木津つばさ・横田龍儀・竹中凌平・栗田学武・鈴木茉美
伊勢直弘・櫻井圭登
小池徹平・加藤和樹
3月
板垣恭一
東啓介・柳下大
永久輝せあ
宅間孝行・篠田麻理子・松本享恭
碓井将大
玉野和紀・木戸邑弥・多和田秀弥・本田礼生・松田岳・古田一紀
後藤ひろひと・田辺茂範
丹下真寿美・久保田浩・坂田聡
舞羽美海
水夏希
2月
北澤秀人・木内健人
キムラ真・深澤大河
眞嶋秀斗
妃海風
相葉裕樹・ラサール石井・中川晃教
村井良大・玉城裕規
味方良介・石田明
【Da-iCE】花村想太
2018年/1月
大和田獏・藤澤志帆
大原櫻子
松本利夫
赤澤燈・有澤樟太郎・伊崎龍次郎
悠未ひろ
松岡充
古屋敬多・小坂涼太郎・三浦海里・小林亮太
東山義久・TAKA・DANIEL・法月康平
2017年以前の
バックナンバー