旬の演劇人たちへのキーポイントQ&A「あなたの活力源は何ですか?」 さまざまな答えの中から、創作のヒミツが見えてくること必定!?デス!

公演チケット50%OFF!

田中泯と柳家喬太郎は「自分が生きてるからやってること」と「普通のおじさんになっていること」

1003_engekijin
柳家喬太郎                     田中泯

【あなたの活力源は?】
 自分が生きてるからやってること。偶然にも人間に生まれて生きてきている。
喬太郎 ぼくはあれかもしれない。柳家喬太郎じゃないときは、普通のおじさんになっていることが、たぶん、活力源。普段、ふっつーのおじさんだから、高座に上がったら柳家喬太郎でいられる。ぼくの場合は。パチンコ打ったり、いい年して『ウルトラマン』みたりしてることが、柳家喬太郎でいられる活力源かもしれない。ぼくの場合はですよ。強いて言えば。
――その時っていうのは、完全に落語モード、噺家モードはオフになってるんですか?
喬太郎 オフオフ。
――はー。じゃ、なんかこう、ネタいいのないかなぁとか思ってたりは全然しないってことですか? 探したりとか。
喬太郎 いや、普通に生きてて、面白いって思ったり、ネタになるかもとは思ったりはしますけど、こうやって(さがすような仕草)探したりはしない。
――探してるわけではなく、たまたまアンテナに引っかかれば?
喬太郎 そうそうそう。それはなんでアンテナに引っかかったかって言えば、ぼくもおもしろいと思ったからだって。おもしろいと思ったことはおもしろくしゃべれるはずなので。
――なるほど。
喬太郎 だから取材もしないし、探さないし。ネタも。
 ぼくはね、表現が言葉じゃない世界だから、むしろ百姓やってるときとか、そっちの方が自分らしいかな。あとは踊ってるときが一番楽しい。
喬太郎 はいはいはい。
 いっちばん楽しいのは踊ってるときです。それを田中泯と呼ぼうがどうでもいい。便宜上ね、言ってるだけだから。わたしのことでも何でもないかもしれないね。田中泯なんて。
喬太郎 わーーーー。
 ふはははは。
喬太郎 また、難しく考えちゃう。そんなこと言うと。
 今の若いダンサーたちは、「わたしのことを踊ってる」って言うじゃない? みんなね。わたしの大事な、わたしの、わたしの踊りって言うけど、おれそんなもんないもんね。おれにしかできないことなんて、何一つやってない。
――何が踊りになって行くんですか?
 踊りって、だから。言葉だと、どういう種類の言葉を使うかだとかいう話になるじゃない? 踊りなんか、それこそ動きなんて言葉が生まれるはるか昔から人間、動いてきたわけだから。そんな意味ではもう、誰彼特有のものなんて、ほとんどないんですよ。踊りっていうのは、けっきょく身体のことだから。どんな動きをやったところで、いわゆる芸人のように身体を使うっていうのはまた別の話で。ひょっとしたら、踊りっていうのとだんだん関係なくなっていくかもしれないしね。踊りっていうのが言葉と同じくらい大事だった時代があるわけですね。言葉がなかったから。
――踊りって、自分、回りに誰もいなくても踊りなんですか? 誰かが観て初めて踊りなんですか?
 人に観られるというか、伝えるとか感じられるとか、そういうところで初めて踊りなんでしょうね。だから「おどり」っていう音があったんでしょうね。「おどり」って呼んでた時代があったんです。それを「踊り」という文字を使って言語化していったわけです。だからかなり大事な人間の行為であったことは確かです。
――単純だからこそ、根本な感じがしてすごく難しいなぁって考えちゃいますね。
 そうですよね。だからどのくらい人間にその欲求があったか知らないけど。大事な表現だったはずです。
――なるほど。
 踊りなんかの場合はさ、いずれ落語もそうなると思うんだけどね、「おれが落語家だ」って言ってんだから落語家だよっていう時代がきっと来ると思うんだけどね。踊りなんて、もう、「ダンサーです」って言えばもうそれでおしまいだからね。「わたしダンサーです」。何の資格もいらないんだから。見る人が「ああ、ダンサーだ」って思えばもうそれで決着ついちゃう。誰も文句が言えない。珍しい商売ですよ。
喬太郎 えぇ、まぁ、そうですね。
 それで評価する基準がない。
喬太郎 基準はないかもしれないですね。
 だからもう、お客さん任せ。

【プロフィール】
田中泯(右)
たなかみん◯1945年東京生まれ。60年代クラシック・バレエ、アメリカンモダン・ダンスを学ぶ。74年独自の舞踊活動を開始。「ハイパーダンス」と称した新たなスタイルを発表。78年ルーブル美術館において海外デビュー。1985年から今日に至るまで、山村へ移り住み農業を礎とした日常生活をおくることでより深い身体性を追求している。映像界での仕事も国内外問わず多数行っている。11/18、12/23、原美術館にて踊りあり。
【田中泯公式サイト】
http://www.min-tanaka.com/

柳家喬太郎(左)
やなぎやきょうたろう◯1963年東京生まれ。落語家・柳家さん喬一門の真打。日本大学商学部卒業。平成10年NHK新人演芸大賞落語部門大賞、平成16~18年度国立演芸場花形演芸会大賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞など、受賞多数。古典落語・新作落語共に素晴らしい高座で大人気を博する。10/13〜22、浅草九劇にてペテカン公演『スプリング、ハズ、カム』に出演。
【『スプリング、ハズ、カム』公式サイト】
https://www.springhascome.net/


ただ今販売中のえんぶ2017年10月号にてインタビュー掲載中!
『えんぶ7号』


kick shop nikkan engeki

伊藤靖朗、前田航基、山下聖菜は「奥さん」と「不安」と「明日の自分は昨日の自分に勝つ」

poseidon-3nin
山下聖菜  前田航基  伊藤靖朗
【あなたの活力源は?】
前田 「不安」ですね。僕はネガティブで根はチキンなんですが、小心者だからこそ、演じることは丁寧に忠実にやろうと心がけています。明日が怖いから真面目に今日の仕事をしようと思うし、また頑張ろうという気持ちになれます。最近は、大人気バンド「RADWIMPS」の曲を聴いて一緒に不安を乗り越えています。
山下 私は「明日の自分は昨日の自分に勝つ」という言葉が活力源です。いつも自分に負けたくない気持ちを持っています。上京するきっかけは両親が背中を押してくれたことだったので、私の演技で両親の笑顔を見られるように、明日へ全力疾走しています。
伊藤 奥さんです(笑)。一緒にいるとワクワクしてくるんです。思わず目の前で歌いたくなったり、踊りたくなったりしますが、そうするとうるさいと言われるので(笑)、そのエネルギーを舞台に向けるようにしています。

【プロフィール】
伊藤靖朗(右)
いとうやすろう◯静岡県出身。作・演出家。1999年、舞台芸術集団『地下空港』を有志で結成。全作品の作・演出を手がける。2017年5月には渡英し、共同脚本&俳優として演出家ブリジット・キーハンの新作『Project Hush』に参加。主な作・演出舞台に『OLと魔王』『サファリング・ザ・ナイト』など。

前田航基(中央)
まえだこうき◯大阪府出身。俳優。弟・旺志郎とお笑いコンビ「まえだまえだ」を結成し、「M-1グランプリ2007」では最年少で準決勝に進出。主な出演作に映画『トモシビ~銚子電鉄6.4kmの軌跡~』、テレビドラマ『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語』など。今作で初舞台を踏む。

山下聖菜(左)
やましたせな◯福岡県出身。女優。2015年、主演舞台『NEW WORLD』で本格デビュー。以降、地下空港『サファリング・ザ・ナイト』、『幻想奇譚白蛇伝』主演、SHATNER of WONDER#6『遠い夏のゴッホ』などに出演。

【公演情報】
poseidon_PR
メディアミックス・ジャパン プロデュース公演
『ポセイドンの牙』Version蛤
作・演出◇伊藤靖朗
出演◇前田航基 原嶋元久 小早川俊輔 小松準弥 森田桐矢 山下聖菜 / 森山栄治 汐崎アイル 渡辺和貴 西丸優子 / 愛原実花 岡田達也 ほか
10/13~21◎紀伊國屋ホール
〈お問い合わせ〉
メディアミックス・ジャパン
03-6804-5456(平日12:00~18:00)


ただ今販売中のえんぶ2017年10月号にてインタビュー掲載中!
『えんぶ7号』


kick shop nikkan engeki

水美舞斗は「客席とのキャッチボールができたと感じられた時」

Minami

【あなたの活力源は?】
やっぱりお客様から拍手や、手拍子を頂いた時に、お客様が楽しんで頂けていることが伝わって、客席とのキャッチボールができたと感じられた時に活力を頂きます。決して満足する訳ではないのですが、頑張ってきて良かった! と思える瞬間ですね。より良い舞台を務める為に大切にしているのは睡眠で、東京公演中にもマイ・タオルケットを持参して、質の良い睡眠をたっぷりとることを心掛けています。

【プロフィール】
みなみまいと〇大阪府出身。09年『Amour それは...』で初舞台を踏んだ95期生。花組に配属後、11年ドラマシティ公演『カナリア』のウカ役での好演で注目を集める。13年『オーシャンズ11』のバージル・モロイ役では本公演で重要な役を務めた他、 優れたダンス力を活かしショーシーンでも活躍。14年『エリザベート』の黒天使(マデレーネ)役、新人公演のルキーニ役などを経て、15年『カリスタの海に抱かれて』新人公演のシャルル(カルロ)役で新人公演初主演。同年バウホール公演『スターダム』のネイサン役、16年、ドラマシティ公演『For the people ─リンカーン 自由を求めた男─』 のエルマー役、『ME AND MY GIRL』のジェラルド役、バウホール公演『アイラブアインシュタイン』のトーマス役、17年全国ツアー公演『仮面のロマネスク』のアゾラン役など、次々に大役を演じ、花組の貴重な男役の戦力として躍進中。

【公演情報】
haikarasan
宝塚花組公演
ミュージカル浪漫
『はいからさんが通る』
原作◇大和和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDXデザート)©大和 和紀/講談社
脚本・演出◇小柳奈穂子
出演◇柚香光 ほか  
10/7~15◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、10/24~30◎日本青年館ホール


妃海風コンサート『Magic!』
kick shop nikkan engeki

大内厚雄、原田樹里、玉置玲央は、「原作を読むこと」と「散歩」!

caramel
原田樹里 大内厚雄 玉置玲央

【あなたの活力源は?】
大内 活力源は『スロウハイツの神様』の原作を読むこと。稽古中も読んでいたし、(公演期間中の)今も読んでいます。原作小説と上演台本では公輝の台詞の順番が違う箇所があったりするので、そういうことも含め、原作を読み日々ベースアップをしています。
原田 私も原作を毎日読むので、(回答が)被っちゃうけど今の活力源は原作です。小林春世ちゃんは本番中も読んでいることがあります(笑)。私は本番前に読む。原作の方が細かく描かれているので、脚本で省略された部分をもう一度自分の中でイメージしながら本番に臨んでいます。
玉置 散歩です。散歩がインプット作業を兼ねていて、街の空気を感じながら、植物を眺めたり、人間を見たり、物思いに耽ったり、しかも運動になるから、かなりのことを網羅出来る。気分転換にも最適。一回の散歩で二時間位は平気で歩きます。やっぱドラマがあるんですよ。今の時期だったら「暑い、死ぬわ~」と思って喫茶店に入ると面白いおっちゃんと出会ったり。ああ、日常っていいなぁと思える瞬間です。

※取材はキャラメルボックス2017サマープレミアム『スロウハイツの神様』公演期間中の今年7月に行いました。

【プロフィール】
大内厚雄(右)
おおうちあつを○72年生まれ、大阪府出身。俳優。95年より演劇集団キャラメルボックスへ参加。今作では、自作の小説が遠因となり風評被害に晒された過去を持つ人気作家・千代田公輝(チヨダ・コーキ)を演じた。
---------------------------------------------------
次回予定◇文化庁・日本劇団協議会『ケンジ先生』10/26~11/5◎テアトルBONBON

原田樹里(左)
はらだきり○89年生まれ、大阪府出身。俳優。09年より演劇集団キャラメルボックスへ参加。今作では、若きクリエイターが共同生活をするアパート「スロウハイツ」のオーナーであり、千代田公輝の幸せを誰よりも強く願う人気脚本家・赤羽環を演じた。

玉置玲央(右)
たまおきれお○85年生まれ、東京都出身。俳優。劇団「柿喰う客」所属。舞台、映像にと幅広いジャンルの作品に数多く出演する一方で、自ら演劇ユニットを立ち上げるなど舞台創作活動にも意欲的。今作では、「スロウハイツ」の住人の一人、児童漫画家志望の優しい青年・狩野壮太を演じた。
---------------------------------------------------
次回予定◇『SENDAI OROSHIMACHI Art Marche 2017』10/5~6◎せんだい演劇工房10-BOX
◇『秘密の花園』2018/1/13~2/4◎東京芸術劇場 シアターイースト



3人が共演したキャラメルボックス『スロウハイツの神様』舞台写真&インタビュー掲載中!
『えんぶ7号』


kick shop nikkan engeki

錦織一清は「自転車でポタリング」

【あなたの活力源は?】
最近、自転車でポタリングをしているんです。そんなにハードじゃないサイクリングみたいな感じなんですが、よく出かけています。都内の川沿いの道を50~60キロくらい行ったり、横浜まで行ったり。そういうことを近所の人たちと2年ぐらい前からはじめて、グループでも行くし、1人でもよく行きます。下町で育ったから自転車は必須で、自転車でどこでも行ってたんです。今も、ペットボトル1本買って、それを持って遠くまで行っちゃう(笑)。安あがりだし、良い運動になるし、ポタリング最高ですね。

【プロフィール】
にしきおりかずきよ○東京都出身。77年にジャニーズ事務所に入所。少年隊を結成して、85年に「仮面舞踏会」でレコードデビュー。ソロとしてもテレビ・映画、舞台に出演。近年は演出家として活躍。最近の主な舞台作品は、『ガイズ&ドールズ』『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』『おたふく物語』(以上、出演)、『熱海殺人事件』(演出・出演)、ミュージカル『ザ・オダサク』『出発』『広島に原爆を落とす日』『寝取られ宗介』(以上、脚色・演出)ミュージカル『JAM TOWN』、ミュージカル『グレイト・ギャツビー』『初級革命講座飛龍伝/ああ同期の桜』(以上、演出)など。

【公演情報】
onna
明治座10月公演
『おんなの家』
脚本◇橋田壽賀子
演出◇石井ふく子
出演◇高島礼子 熊谷真実 藤田朋子/錦織一清/鷲尾真知子 山崎銀之丞 丹羽貞仁 吉村 涼 ほか 
10/6~29◎明治座 
〈お問い合わせ〉
明治座チケットセンター
03-3666-6666(10:00-17:00)



明治座10月公演『おんなの家』日時・枚数限定でお得なチケット販売中!
onnanoie

kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キック えんぶSHOP
演劇人の活力源
バックナンバー
9月
水美舞斗
【キャラメルボックス】大内厚雄、原田樹里、玉置玲央
錦織一清
前川知大と瀬戸康史
茅島成美、団時朗、鶴田忍
松田凌、加藤諒
【クロムモリブデン】青木秀樹【□字ック】小野寺ずる
白井晃
栗山千明、溝端淳平、浅田美代子、中村雅俊
吉田麻生、帯金ゆかり、坂本けこ美、尾崎桃子、宮下今日子
【TRF】SAM、ETSU、CHIHARU
壮一帆、大月さゆ、斉藤恒芳
【good morning N°5】澤田育子
【風琴工房】詩森ろば/田島亮
大和悠河
上田竜也
妃海風
8月
【風煉ダンス】反町鬼郎、山内一生、吉成淳一、内田晴子
風間杜夫
平野良、滝川英治、浅井さやか
わかぎゑふ、三上真史
【FUKAIPRODUCE羽衣】深井順子、糸井幸之介
眞嶋秀斗、井上正大
【FunIQ】辻貴大
【風煉ダンス】白崎映美、伊藤ヨタロウ、林周一、笠原真志
【劇団きらら】池田美樹、オニムラルミ、有門正太郎、磯田渉、はまもとゆうか
【範宙遊泳】山本卓卓
7月
坂元健児、高田翔
【イキウメ】前川知大
水樹奈々、平原綾香、中川晃教、伊礼彼方、ソニン
村井良大、堂珍嘉邦、ユナク
早乙女友貴、Elina
【DRUM TAO】江良拓哉、岸野央明
西田シャトナー、安西慎太郎
瀬央ゆりあ
【キャラメルボックス】阿部丈二、森下亮
後藤ひろひと
【OSK日本歌劇団】華月奏、翼和希
柳下大
彩吹真央
早乙女太一
6月
北川大輔、田辺茂範
粟根まこと、植本純米
鴻上尚史
【劇団子供鉅人】
唐橋充、藤原祐規
【扉座】山中崇史
吉田栄作、保坂知寿
玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人
朝海ひかる
【動物電気】&樋口真嗣(映画監督)
5月
土居裕子
喜多村緑郎、河合雪之丞
【カムカムミニキーナ】八嶋智人、藤田記子
岡田達也
豊原功補
來河侑希、杉山至、鈴木茉美、栗田学武
森新吾、梅田彩佳、風花舞
朝美絢
原田優一、はいだしょうこ
水夏希
4月
片岡愛之助
マルシア、彩乃かなみ
【動物電気】辻修、ヨシケン改
池田純矢
清水順二、緒月遠麻
白石加代子、麿赤兒
山崎樹範
村井良大、中川晃教
3月
市村正親、ウエンツ瑛士、柿澤勇人
宅間孝行、鈴木杏樹
浦井健治
青木豪、瀬奈じゅん
凰稀かなめ
【イッツフォーリーズ】井上一馬、大塚庸介
紫吹淳、壮一帆
柚香光
今井翼、瀧本美織
2月
【花組芝居】加納幸和、【ロリータ男爵】田辺茂範
内藤大希、橋本じゅん、相葉裕樹、生田絵梨花、小南満佑子、鈴木ほのか、唯月ふうか、松原凜子、二宮愛奈
山本涼介、長野里美
城田優
渥美博
矢田悠祐、水夏希
【劇団サムライナッツ】伊藤優佑、ほなみ奈穂、鈴木里美、真望、松崎剛也
浦井健治
味方良介、黒羽麻璃央
2017年/1月
三津谷亮、宮崎秋人、荒井敦史、池岡亮介
霧矢大夢、赤根那奈
ROLLY
中尾拳也、沖野晃司、眞嶋秀斗、松村龍之介
東山義久、大山真志
児玉明子
渡辺えり
久保田秀敏
柚希礼音、橋本さとし、マイコ
綺咲愛里
2016年以降の
バックナンバー