tobira-3nin

10月の「演劇人の活力源」は【Special Edition】俳優編!
(1)より良い俳優になるために「鍛えていること、心がけていること」は?
(2)あなたにとっての「俳優の活力源」を教えてください。

壮一帆
(1)私はすごく人間観察が好きで、何を見ても「これは芝居に生かせるかも?」と考えています。それから「そう来たか!」と言われるのが好きなので、いかに人と違う切り口、面白いところを見つけるかですね。
(2)人が好きなので、色々な方との出会い、話している時間。あとはやはり宝塚を観に行くことですね。初心に帰って「頑張ろう」と思えます。
Mrs.Sou
そうかずほ○兵庫県出身。96年宝塚歌劇団に入団。12年、雪組トップスターに。14年『一夢庵風流記・前田慶次』の前田慶次とショー『My Dream TAKARAZUKA』で宝塚を退団。コンサート活動などを経て、16年『エドウィン・ドルードの謎』で本格的な女優活動をスタートし、舞台『Honganji~リターンズ~』にも出演。17年春に『細雪』への出演が控えている。 

紺野まひる
(1)日常の些細なことにも感動すること。子供が初めて言葉を発したりするのも大きな感動ですが、例えば本当に小さなことに「ありがとうございます」と言って頂いて、それに心が動く。そういうことが役者としてトレーニングになるように思います。
(2)何故この仕事をやっているのかと自分をとことん掘り下げてみると、やはり自分が楽しいからやれているんだなと。楽しいから、幸せでいられるから、それが活力源になっています。
Konno
こんのまひる○大阪府出身。96年に宝塚歌劇団に入団。02年絵麻緒ゆうの相手役として雪組トップ娘役に就任。『殉情』(「春琴抄」)の春琴、『追憶のバルセロナ』のイザベルを務めて惜しまれつつ退団。女優に転身後は、テレビドラマ、映画など、映像作品を中心に精力的な活動を続けている。

一路真輝
(1)役者は、人生に無駄はないと心底思える仕事で、この仕事につけたことがまずラッキーだなと思いますし、すべてが自分の血となり肉となりますから、どんな小さなことでも心に留めておくようにしています。
(2)娘です。私にとって一番の応援団で、「ママの舞台が好き」と言ってくれる娘の言葉がなによりの活力源です。
Ichiro
いちろまき○愛知県出身。82年宝塚歌劇団に入団。93年雪組トップスターに。96年日本初演となったミュージカル『エリザベート』のトート役を最後に宝塚を退団。以降、女優としてミュージカルを中心に活躍、近年ではストレート・プレイにも積極的に挑戦している。第22回菊田一夫演劇賞、第12回読売演劇大賞優秀女優賞受賞。第37回松尾芸能賞受賞。17年2月『君はどこにいるの』への出演が控えている。

【公演情報】
tobira
『扉の向こう側』
作◇アラン・エイクボーン
演出◇板垣恭一  
出演◇壮一帆 紺野まひる 岸祐二 泉見洋平 吉原光夫 一路真輝  
11/11~13◎兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール 
11/16~23◎東京芸術劇場 プレイハウス
11/28◎名古屋青少年文化センター アートピアホール 
〈お問い合わせ〉
キューブ 03-5485-2252(平日12:00~18:00)


現在発売中のえんぶ2016年10月号に3人に舞台『扉の向こう側』への意気込みなどを聞いたインタビュー掲載中!
enbu2016-10




kick 

shop 

nikkan 

engeki