Tabata

【あなたの活力源は?】
北村有起哉
僕は前回、子供と答えたので、今回はお酒です。家で飲みます。ほとんど外では飲みません。晩酌とか、子供が寝静まったあとに台本と向き合いながら飲んでます。そういう意味では台本も活力源ですね。うちは陽当たりがよくて、午前中はリビングに良い日差しが差し込んでくるんです。そこでコーヒーを飲みながら読むのは至福の時です。すぐに子供の朝ご飯で静寂は破られるんですが(笑)。覚えなきゃいけない台本があることは、役者にとって何より幸せですし、それが1つ1つ無くなっていくことの寂しさも感じながら、また次へ進んでいくわけです。
 
田畑智子
美味しいご飯です。食べることが好きです。出身が京都ですから、和食はもちろん美味しいのですが、洋食も中華も京都は美味しいです。それに京野菜がすごく美味しい。東京でも色々なお店を見つけては食べに行って、日々の活力にしています。

【プロフィール】
北村有起哉
きたむらゆきや○東京都出身。1998年、舞台『春のめざめ』と映画『カンゾー先生』で俳優デビュー。その後、映像・舞台・ナレーションなど、幅広く活躍中。最近の主な出演作品はドラマ『ちかえもん』『赤めだか』『怪盗 山猫』、映画『太陽の蓋』(主演)『オーバー・フェンス』、舞台『BENT』『十一ぴきのネコ』『戯作者銘々伝』『ロンサム・ウェスト』など。第15回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。待機作に、ドラマ『千住クレイジーボーイズ』(2017年2月/NHK BSプレミアム)、舞台『ハムレット』(2017年4月〜/東京芸術劇場プレイハウス他)、映画『関ヶ原』(2017年8月公開予定)。

田畑智子
たばたともこ○京都府出身。1993年、相米慎二監督『お引越し』で主演デビュー。第67回キネマ旬報新人女優賞をはじめ多数の新人賞を受賞。2000年NHK連続テレビ小説『私の青空』のヒロイン役で幅広い世代から注目を集める。映画、ドラマと幅広く活躍。日本アカデミー賞優秀助演女優賞、毎日映画コンクール女優助演賞、同女優主演賞など受賞多数。映画・ドラマのほか、舞台やナレーションなど幅広く活躍中。最近の出演作品は、映画『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』『鉄の子(主演) 、ドラマNHK BSプレミアム青森発地域ドラマ『進め!青函連絡船』、舞台『幕末太陽傳(2015年本多劇場)『母と惑星について、および自転する女たちの記録』(2016年パルコ劇場)など。


【公演情報】
with-the-pigs

地人会新社第6回公演
『豚小屋』
作◇アソル・フガード
翻訳・演出◇栗山民也
出演◇北村有起哉・田畑智子
●2017/1/7~15◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉 A席6,500円 B席5,000円 25歳以下3,000円(全席指定・税込)
プレビュー公演は全席3,500円 25歳以下2,000円
〈チケットお問い合わせ〉J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

地人会新社『豚小屋』北村有起哉・田畑智子インタビュー掲載中!
title_yoho


えんぶ最新12月号好評発売中!




kick 

shop 

nikkan 

engeki