旬の演劇人たちへのキーポイントQ&A「あなたの活力源は何ですか?」 さまざまな答えの中から、創作のヒミツが見えてくること必定!?デス!

演劇人の活力源は2019年2月20日に引っ越しました。
新しい記事はこちらから読めます。

宅間孝行

宅間孝行・中山麻聖は「人の意見」と「未来」!?

takuma-nakayama
宅間孝行  中山麻聖
【あなたの活力源は?】

中山 人の意見をちゃんと聞くようにしています。例えば、ひとつの出来事に対して、自分がどう思うか? ということはひとまず置いておいて、周りがどう思っているかを聞いて自分の意見を見つめ直す、とか。最近はそれが原動力だし、活力源でもあります。これまでは、我を通すというか、自分が考えていることを曲げずに、ブレずにいこうと思っていたんですが、その考え方を一回取っ払ってみたら、周りの考え方がすごく新鮮で、全然真逆の印象を持ってる方もいたりして。だから、もしかして今まで損していたのかな? と。
宅間 すごいねぇ。25(歳)でそんなこと言えないよ。
中山 いえいえ。気付くのが遅かったくらいです。
宅間 そうかな?
−−宅間さんの活力源はいかがでしょう?
宅間 そうですねぇ。真面目な話をすると……、やっぱりいい仕事と巡り会えるというか、それはもう芝居だけじゃなくて、こういうドラマはどうだろう? とか、こういう公演はどうだろう? とか、こんな映画は? とか。そういうことを考えている時間、人と「こういうことやろうよ!」って語る時間とか、未来を語っている時が一番モチベーションが上がるというか。今度こんな面白いことしない? と言っても、それが成立する時もあればしない時もあるんですけど、そういう時が一番ワクワクする。そういう時間ですかねぇ。更にいえば、そこに肉があると良いですね。肉を食いながら、ワインを飲みながら、そういう時が一番アガる。だから、活力源は肉です(笑)。


【公演情報】
yuu
TAKUMA FESTIVAL JAPAN
『夕−ゆう−』
作・演出◇宅間孝行
出演◇内山理名 上原多香子 高橋光臣 / 大窪みこえ 竹匠 万田祐介 村越友一 ハレルヤまつこ 勝信 中山麻聖 神崎れな / 藤吉久美子 山崎静代(南海キャンディーズ) / 阿部力 宅間孝行
7/3〜21◎サンシャイン劇場、7/26◎りゅーとぴあ劇場、8/9〜17◎森ノ宮ピロティホール、8/23◎イズミティ21、8/27〜31◎名鉄ホール、9/3〜4◎札幌市民ホール
<お問い合わせ> HMT 03-3453-4018(平日10:00〜18:00)
<東京公演チケットお問い合わせ>
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00) 他
http://takufes.jp/yuu/


話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

かわいい ねこパスケース/コインケース好評販売中!
banner_nekopass

8e307e54

宅間孝行・田畑智子

宅間さん田畑さん

あなたの活力源は?

田畑 私はね、この稽古期間からずっと毎日「茂じい」を観ています。夜、家に帰ったら吉本新喜劇を必ず。舞台上でも「辻本茂雄さんをリスペクトしているんで」という台詞があるんですけど、元々新喜劇が大好きなので、それを毎晩。
宅間 そうなんだ?
田畑 そうなんですよ。だから茂じいのギャグとか展開はほとんど頭に入っています。
宅間 今日、ご本人が来るんですよ。
田畑 そうなんです!! もう多大なる緊張が、いま(笑)。
宅間 活力源ですよね? 今だったら……、お客さんですかね。やっぱりお客さんが入った状態から、もらえるんですよねぇ、いっぱい。お客さんの笑い声とか、すすり泣く声とか、いま僕は本当にソレに生かされていると思っているので。舞台の上でお客さんと向き合っている時間が、役者として最も生きている気がするんですよ。僕の中では一番好きな時間です。……そう言うとテレビの現場から怒られるかもしれないけど。
−−やはり、舞台はちょっと特別ですよね。
宅間 ライブですからね。僕はこの感覚を他のキャストにも味わって欲しいし、スタッフさんにも、もちろんお客さんにも味わって欲しくて。
田畑 私もそういうこと言えば良かった〜。
宅間 (笑)。まぁ、あと……、ぶっちゃけたことを言えば、終わった後の酒なんかも活力源ですけど。
田畑 肉とかね。
宅間 そうそう。みんな肉肉言ってて、肉食なんですよ。
田畑 そう(笑)。
宅間 酒飲む、肉食う。そんなことばっか言ってます。


【プロフィール】
宅間孝行
たくまたかゆき○東京都出身。脚本家、演出家、俳優。97年に劇団「東京セレソン」を旗揚げ。01年の「東京セレソンデラックス」改名を 機に、主宰・作・演出・主演として活躍する。劇団は12年12月31日をもって解散し、本年から新プロジェクト「TAKUMA FESTIVAL JAPAN」を始動させた。TBS連続ドラマ『歌姫』CX連続ドラマ『間違われちゃった男』映画『くちづけ』は、劇団の作品が映像化された。現在EX連続 ドラマ『都市伝説の女2』に出演中。

田畑智子
たばたともこ○京都府出身。女優。93年、映画『お引越し』でデビュー。04年には映画『血と骨』にて日本アカデミー賞優秀助演女優賞を 受賞、その後も複数の映画で女優賞を受賞するなど、その活躍はめざましい。主な舞台出演作は『ニンゲン御破産』(03年)、『夜叉ヶ池』(04年)、『羊 と兵隊』(08年)など。宅間孝行作品への出演は、映画『くちづけ』(13年)、東京セレソンデラックス公演『わらいのまち』(11年)に出演。

【公演情報】
pc7357-1

TAKUMA FESTIVAL JAPAN『晩餐』
脚本・出演・演出◇宅間孝行
出演◇中村梅雀 柴田理恵 田畑智子 市川由衣 ほか
11/14〜17◎道新ホール(北海道)、11/21◎富山県教育文化会館(富山)、11/23◎りゅーとぴあ・劇場(新潟)、11/30◎電力ホール(仙台)、12/2〜8◎森ノ宮ピロティホール(大阪)
<料金>7500円
<公式サイト>http://takufes.jp/bansan/

TAKUMA FESTIVAL JAPAN『晩餐』舞台写真&二人の対談インタビュー掲載!演劇ぶっく12月号好評発売中!
shop_rogo_sp

header_rogo

この連載のほか小説・エッセイ・日記など。今をときめく高校生〜演劇人らが執筆中!
side_nikkan_all
記事検索
演劇キック えんぶSHOP
演劇人の活力源
バックナンバー
12月
水野貴以
石賀和輝・平牧仁
河合雪之丞・高橋惠子
瀬奈じゅん
板垣恭一・内藤大希
眞嶋秀斗
【OiBokkeShi】菅原直樹
藤原祐規・白石康介・松井勇歩
11月
聖乃あすか
杉原邦生・中村橋之助
朝夏まなと
渡辺えり・キムラ緑子
水夏希・吉田栄作
水谷八重子・波乃久里子・喜多村緑郎・浜中文一
宮崎秋人・木村了
美羽あさひ・大湖せしる
【SKE48】北川愛乃・竹内彩姫
10月
磯貝龍虎・平野良・宮下雄也
宇梶剛士・山崎銀之丞・市川猿弥
壮一帆・愛加あゆ・藤重政孝・田村良太
永田聖一朗
【TRF】SAM・ETSU・CHIHARU
堺小春・矢柴俊博・中嶋朋子
入江甚儀・宮﨑香蓮
宅間孝行・大薮丘・前島亜美
廣瀬智紀
【花組芝居】加納幸和・丸川敬之
9月
山野海・司茂和彦・岩田和浩・浜谷康幸
吉沢悠
豊原功補・吉村界人
古谷大和・芹沢尚哉
良知真次・蘭乃はな
朝夏まなと&寺脇康文・神田沙也加&別所哲也
松金よね子・岡本麗・田岡美也子
矢島舞美・鈴木勝吾
8月
凰稀かなめ・染谷俊之・愛原実花・TETSU
音無美紀子
田村心・小沼将大
姿月あさと・水夏希
平間壮一
植田圭輔
森公美子
7月
【中野坂上デーモンズの憂鬱】松森モヘー
秋元才加・咲妃みゆ
良知真次・愛華みれ
安西慎太郎・多和田秀弥
錦織一清
彩吹真央・駒田一
福井晶一・原田優一・鯨井康介・上口耕平
鈴木京香・北村有起哉
小松準弥・味方良介・田中涼星
6月
【子供鉅人】キキ花香
高世麻央
中川晃教・凰稀かなめ
畑中智行
大倉孝二・ブルー&スカイ・池谷のぶえ
藤原祐規・佐藤祐吾
高木トモユキ・砂田桃子
石丸幹二・石井一孝・昆夏美
大原海輝・神里優希
喜多村緑郎・河合雪之丞・春本由香
5月
伊藤裕一
ミムラ・溝端淳平
深井順子・森下亮
東山義久・水夏希・上田遙
瀬戸かずや
【カムカムミニキーナ】松村武・八嶋智人
吉田鋼太郎・黒木瞳
佐藤永典・荒木宏文・上田堪大
赤澤遼太郎・小南光司
北乃きい
北翔海莉
中村七之助と木ノ下裕一
霧矢大夢・鈴木壮麻
北川大輔・池亀三太
【クロムモリブデン】『たまには海が泳げ!』出演者
4月
寺川長・高松良成・池田美樹・はまもとゆうか・オニムラルミ
浦井健治
藤原祐規・法月康平
玉城裕規・粟根まこと
三浦涼介・上原理生・渡辺大輔
山本芳樹・木津つばさ・横田龍儀・竹中凌平・栗田学武・鈴木茉美
伊勢直弘・櫻井圭登
小池徹平・加藤和樹
3月
板垣恭一
東啓介・柳下大
永久輝せあ
宅間孝行・篠田麻理子・松本享恭
碓井将大
玉野和紀・木戸邑弥・多和田秀弥・本田礼生・松田岳・古田一紀
後藤ひろひと・田辺茂範
丹下真寿美・久保田浩・坂田聡
舞羽美海
水夏希
2月
北澤秀人・木内健人
キムラ真・深澤大河
眞嶋秀斗
妃海風
相葉裕樹・ラサール石井・中川晃教
村井良大・玉城裕規
味方良介・石田明
【Da-iCE】花村想太
2018年/1月
大和田獏・藤澤志帆
大原櫻子
松本利夫
赤澤燈・有澤樟太郎・伊崎龍次郎
悠未ひろ
松岡充
古屋敬多・小坂涼太郎・三浦海里・小林亮太
東山義久・TAKA・DANIEL・法月康平
2017年以前の
バックナンバー
2017年
12月11月10月
9月8月7月
6月5月4月
3月2月1月
2016年
12月11月10月
9月8月7月
6月5月4月
3月2月1月
2015年
12月11月10月
9月8月7月
6月5月4月
3月2月1月
2014年
12月11月10月
9月8月7月
6月5月4月
3月2月1月
2013年
12月11月10月
9月8月7月
6月5月4月
3月2月1月